お祝い

新築や結婚のお祝いで避けたい贈り物・喜ばれる贈り物はコレ!

相手の喜ぶ顔を想像しながらお祝い品を考えるのって楽しいですよね。

でも新築祝いや出産祝いなどお祝い品を考えるときは他の人と被らないか心配になったり、相手に気に入ってもらえるか心配になって迷ってしまうこともあります。

そのような贈り物をする時、最低限注意したいのが贈るのがNGなモノは何かということ。

そんな新築祝いや出産祝いなどのお祝いで避けるべきモノ、贈って喜ばれるお祝い品についてまとめてみました。

一般的なお祝い品で避けるべきモノ

一般的にお祝い品で避けたほうがいいと言われるのは次のようなものです。

  • クシ
  • 日本茶
  • シクラメン
  • ハンカチ

その理由は?

クシやシクラメンは「苦」(く)や「死」(し)という言葉が含まれているので贈り物には適さないと言われます。

また日本茶は弔事のお返し品で使われることが多いため慶事の贈り物としては避けたほうがいいでしょう。

ではハンカチななぜ?と思う方も多いと思いますがハンカチを漢字で書くと「手巾」、読み方は「てぎれ」となります。

つまり「手切れ」ですね。もう会いたくない、お別れの意味が含まれるのでお祝い品としては適さないということになります。

特に白いハンカチはご遺体の顔にかける白い布を連想させるので絶対避けるべきと言われています。でもお祝い品で白いハンカチを贈ろうと純粋に考える人は今は少ないかも…

新築祝い・新居祝いで避けるべき贈り物

家を新築した人に贈るのが「新築祝い」、マンションを購入した人に贈るのは「新居祝い」です。

新築祝いや新居祝いで避けるべき贈り物は上記一般的贈り物のほか次のようなものがあります。

  • 火を使う贈り物
  • 赤い色の贈り物
  • スリッパ
  • マット

その理由は?

火を使うもの、赤い色したものは「火事」を連想させますので避けたほうがいいと言われます。

ではなぜスリッパやマット(玄関マット等)は避けたほうがいいのでしょうか?

それはスリッパやマットは「踏みつけて」使うものだからです。

特に目上の方や上司に踏みつけるものを贈るのは「あなたを踏み台にしますよ」、「あなたのことは踏みつけてないがしろにしますよ」という意味にも捉えられかねません。

気にする方もいますのでスリッパやマットは新築祝い・新居祝いで贈るのはどんなにデザインがよくても避けるべきです。

現金もNG?そのほか お祝いで避けたほうがいいのは?

人には趣味嗜好があります。でも善意で贈られたものをないがしろにしたくないという想いもあります。

特に好みが分かれるインテリア関連は新築・新居祝いで贈るときは慎重にしたほうがいいでしょう。

また時計やカバンは「より勤勉に」という意味がありますので目上の人に贈るのは失礼とされています。

同じように「現金」も上司や先輩といった目上の方、年上の方に対して贈るのは「懐具合を気遣われているのか」と不快に感じるかもしれません。年上の方には現金より品物のほうが無難でしょう。

結婚祝いで割れやすいもの(食器・鏡など)、切れるもの(包丁など)は気にする方もいます。

食器などは贈り物として人気ですが、事前に本人に確認しておくことをおすすめします。

贈られて喜ばれるものはなに?

相手先からの具体的リクエストにこたえるのが一番喜ばれます。ただ人には趣味嗜好もあります。そこを見極めるのが難しいですね。

そんな贈り物に悩む人にはギフトカートを贈ることをおすすめします。

ギフトカードは世の中にたくさんありますが今どきの方ならば

  • AMAZONギフトカード
  • VISAギフトカード

はどうでしょうか。

現金は好きなものが買えますが露骨でもあるのでギフトカードにする、上にも書いたように現金は目上の方では気にされる方もいるかもしれませんがギフトカードなら多額でなければその心配も少なくなります。

カタログギフトという選択肢もありますが、カタログギフトって意外に気に入るものが無くて喜びも半減してしまう事があるんですよね。

皆さんもカタログギフトをもらってあまり気にいるものが無かった経験ってありませんか?

AMAZONギフト券にはカードタイプのギフト券があって券面にメッセージが添えられているものもありますのでお祝い品として検討してみるといいですよ。

新築祝いや出産祝いなどで避けるべき贈り物 まとめ

お祝いとして贈るのに相手に不快な思いをさせたり、縁起のよくない贈り物は避けたいですよね。

せっかくのお祝い品ですから参考にしてください。

-お祝い

© 2022 ちょい知り風習箱