お日柄

赤口とは仏滅よりヤバい大凶の日!お祝いや契約は避けたほうがいい?

大安、仏滅、先勝、先負、友引そして赤口。カレンダーにもこの暦が書かれているものが数多くあります。

この大安・仏滅・先勝・先負・友引・赤口というのは六曜といい、中国の占術の一つですから仏教や神道には全く関係ない「占い」なので本来気にする必要はないのですが、それでもお日柄を気にする冠婚葬祭等については気にしてしまいます。

結婚式や結納・開店などは大安が好まれますし、友引に葬儀関係は行わない場合がおおくあります。

そしてよくわからないのが「赤口」ではないでしょうか。

実は一番よくない日は「仏滅」と思っている人が多いと思いますが、「赤口」のほうがたちが悪いんです。

赤口は大凶の日と言ってもいいでしょう。ついては赤口について説明していきます。

赤口(しゃっこう、しゃっく)とはどんな日?

陰陽道で悪神の門番をしている赤舌神(しゃくぜつしん)」という鬼神が門を守る当番の日が「赤口」です。鬼人が守る当番=鬼人が支配する日ということで暴れまわる日です。

赤から連想される血や火から火災や怪我に注意する日と言われていて、凶日として知名度の高い仏滅よりも大凶として避けられることが多い日です。

従ってお祝い事などでは仏滅以上に避けたほうがいい日でもあります。

赤口の日に避けたほうがいいと言われること

  • 結婚式;火や刃物を使うのはタブーとされているので、キャンドルサービスやケーキカットなどをする結婚式は避けたほうがいいと言われます
  • 入籍;結婚式と同様に避けたほうがいいと言われます。
  • 引っ越し;火に関するものも避けたほうがいいと言われるので火事を連想したくない引っ越しは避けたほうがいいとされます。
  • 納車;赤=血ということで車の事故を想像させるため納車も避けたほうがいいと言われます。
  • その他お祝ごとも避けたほうがいいと言われます。

赤口には吉の時間帯もある

赤口であっても鬼神が休むという午前11時から午後1時までの昼どきだけは吉とされています。

どうしても赤口の日になにかをしなくてはならないのであれば、この時間帯を選ぶとよいでしょう。

赤口の日に避けなくてもいいと言われること

弔事(葬式や法要)に関することは避けなくてもいいと言われます。弔事で避けたほうがいいと言われるのは「友引」です。

お葬式や法要はお祝い事に比べて前々から決めておくことが難しいですし赤口はお祝い事は避けたほうがいいですがお葬式や法要にはとらわれる必要はありません。

仏滅と赤口はどちらが悪い?

一般的には「仏滅」は何をするにもダメと言われます。仏様が滅する日というわけですからね。

でも仏滅は新しいことを始めるときには何もないゼロからのスタートとして始めることができるという考えもあります。

赤口は時間帯によっては吉の場合もありますが、赤=血=ケガ・死、赤=火=火事といったイメージがありますから私は仏滅よりも赤口のほうがドロドロした凶日という風に考えます。

ですから結婚式は「ゼロからの新しい生活」と考えれば仏滅パックは大変お得で前向きなプランなのかもしれません。

仏滅よりよくない大凶の日は赤口!お祝いや契約は避けたほうがいい?まとめ

大安・仏滅・先勝・先負・友引・赤口といった六曜は占術であり迷信である、仏教や神道とは関係ない、明治以降に広まった新しいものだ、と言ってしまえばその通りです。

でも毎日が同じ日であると考えてしまうのもつまらないですよね。私たちの先祖が育んできた「本日はお日柄もよく」といったお日柄を気にして日々過ごす生活というのも人間らしい、愛おしい生き方ではないでしょうか。

縛られすぎることはないですが、毎日のちょっとした調味料と考えてお日柄を気にするのも悪くはないと思いますよ。

-お日柄

© 2022 ちょい知り風習箱