ボッチャのルールを簡単に説明!パラリンピック メダル期待で注目度アップ!

スポンサーリンク
趣味娯楽の部屋

2016年リオデジャネイロ パラリンピックで日本が銀メダルを獲得した競技ボッチャ。2020年に開催される東京パラリンピックでもメダルが期待されています。

ボッチャは重い脳性麻痺や同程度の障害をが手足にある人向けにヨーロッパで考案された球技で、床上のカーリングとも呼ばれる大変奥が深い競技です。

そんなボッチャの魅力やルールを簡単に説明しますので、健常者の方も障害をお持ちの方も機会があれば競技を体験して、そして東京パラリンピックでもぜひ日本選手団を応援してください。

力合戦ではなく頭脳合戦の要素が大きいボッチャの魅力にとりこになること間違いなしです!

スポンサーリンク

ボッチャのルールの簡単な説明

ボッチャにはそれなりにルールがありますが、簡単に大枠を説明すると以下のとおりです。

ゲームのルール

  • ゲームは個人戦またはチーム戦(2:2か3:3)で行う
  • チームは赤と青に分かれてそれぞれ6個づつのボールを使い、3人制の場合は各人が2個づつ、2人制の場合は3個づつボールを持つ
  • その6個のボールを投げたり、蹴ったりして最終的に目標ボール(ジャックと呼ばれる白のボール)の近かったチームにポイントが入る
  • ポイントはジャックボールに一番近かったボールに1点、相手のボールでジャックボールに一番近いボールとの間に勝ったチームのボールがそれ以外にあればその個数×1点が加算されます。距離が同じなら両方に1点づつ入ります。
  • ボールは上手投げでも下手投げでも蹴ってもOK!投げたり蹴ったりできない障害がある人は介助者とランプと言われる器具を使ってボールを転がすことで競技します
  • 3人制は6ゲーム制、2人制は4ゲーム制(実際はゲームは“エンド”と呼びます)の合計得点で勝敗を決めます

ゲームの進め方

  • 赤チームがまず目標ボールとなる〇ボール(ジャックと呼ばれる白のボール)を投げる
  • 続いてジャックボールを投げた人が1投目としてボールを投げ、続いて青チームがボールを投げる
  • 両チームが1投づつした後は目標となるジャックボール○から遠いチームがボールを投げていく(ゴルフと同じです)
  • 全員が投げ終わった段階でジャックボール○に一番接近したボールがあるチームにポイントが入る
  • 3人制は6エンド、2人制は4エンドの合計得点で勝敗を決めます。

スポンサーリンク

ボッチャの勝負のポイント

ゲームのルールにも書いたように6個のボールを投げたり、蹴ったりして最終的にジャックボールに近づけることで勝負します。

そんなボッチャの勝負のポイントは大きく2つあります!

  • 目標となるジャックボールは「ボール」なので、ぶつかれば動く
  • ボールにはサッカーのような縫い目状の凹凸があるので、転がり方で勝負が左右する

目標となるジャックボールは投入されたボールとぶつかって動いてしまう

  • せっかくジャックボールの近くにボールが投入できても目標のジャックボールが弾かれて動いてしまえば、たちまちピンチになる!
  • 目標のジャックボールや相手のボールを弾いて動かし、最後の一投で大逆転も起こりうる

だから最後の一投まで「どこに」「どのスピードで」「正確に」投入するか、その場で戦略を考えて決断する実行力が必要になる競技なのです!

ボールにはサッカーのような縫い目状の凹凸がある

  • 縫い目があるということは転がり方が一様ではないので転がり特性を考えた投入が必要
  • ボールを目標のジャックボールに「近づける」ためのボールや相手のボールや目標のジャックボールを「弾く」ためのボールを使い分ける
  • そのためにボールの大きさは決まっているが固さには決められたものがないので固いボールや柔らかいボールを準備して競技に臨むチームもある

だから最後まで「考え抜く」ことが必要な競技なんです!

スポンサーリンク

ボッチャの魅力

上記のようにボッチャは最後の最後まで勝負の行方が分からないスリリングな競技です。最後まで気が抜けません。

また単純な競技でありながら「先を読む力」「判断力」「決断力」「正確性」「チームワーク」といった様々な力を使って取り組むことが魅力です。

そして何と言っても健常者と障害者が対等の立場で勝負できる競技である点が大きな魅力です。

力自慢や背の高さ、運動神経、性別、年齢だけが勝負を左右するのではなく、上にも書いた様々な力を発揮して取り組む競技ですから健常者と障害者のチームや老若男女混成など様々な仲間で楽しめる競技です。

スポンサーリンク

ボッチャのルールを簡単に説明!のまとめ

ボッチャはその魅力から企業や学校、多くの団体で認知され楽しむようになってきました。

そのきっかけはやはりリオ パラリンピックでの日本チームメダル獲得でした。東京オリンピックでも活躍を期待したいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました