青春18きっぷ×名古屋駅発 日帰り鈍行列車の旅 おすすめ3選

スポンサーリンク
お出かけの部屋

青春なんてネームがついているけれど、時間のあるシニアでも使えちゃうJRが期間限定で発行する青春18きっぷ。知っている方も多いと思いますが、ネーミングから手を出しにくい人も多いんじゃないかと思います。そんな切符を使った、東海地方発の旅行を紹介します。

スポンサーリンク

まずは切符を買う

青春18きっぷは春(3/1-4/10)・夏(7/20-9/10)・冬(12/10-1/10)期間限定で利用できる切符。5回利用で2019年冬からは12,050円。
延べ5日間分の利用権利なので5人が1日で乗ってもいいし、1人が5日間利用してもいい切符。

切符は駅でも買えるけれど私はその期間で5回利用するのはちょっと厳しいので、いつも金券ショップで買います。ちなみに使用に年齢制限はありませんよ(笑)

金券ショップで買って、使ったらまた売る。例えば3回分残っている券を買って1回使って残った2回分をまたその店に売る。

最近の金券ショップでは「レンタル」という制度がある店もあります。要は先に「××回使います」といってその分の利用料金を先払い。使ったら指定期日までに返却します。

残り1回分とか決められた切符が欲しい場合はヤフオクで探すのも手です。今年の夏は金券ショップで1回分の青春18きっぷが見つからなかったのでヤフオクで購入しました。値段も金券ショップと変わらないのでヤフオクを使った切符入手もおすすめです。結構多くの人が出品しています。

なお、券のばら売りなので金券ショップでもヤフオクでも1回あたりの切符代は新品÷5より割高になります。

スポンサーリンク

名古屋発 青春18切符 鈍行列車の旅おすすめ①

まず日帰り旅でおすすめは下呂。片道2270円なので往復だと本来は4540円かかるのがお安く行けます。下呂湯めぐり手形(1300円)を買えば3か所の旅館で使えます。

使える時間帯もあるし、利用できるできない旅館もありますが有名旅館も入れてしまうのでとってもおすすめです。水明館、小川屋、湯之島館とか、いいですよね。

ここで飲む牛乳はめちゃくちゃうまいです。ただ夏は暑いので下呂は春か冬の18きっぷのほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

おすすめ② お城巡り

徳川家康の足跡をたどって行く旅です。名古屋駅からJR岡崎駅まで行って、バスか乗り換えで岡崎城へ(バス代電車代は別でかかります)。そのあと岡崎~掛川へ行って掛川城見学。その後掛川~静岡に乗って駿府城跡を見学。家康の足跡を感じることができます。

ただ時間がかかるので時間をよく計算して乗る必要があります。岡崎城には家康の遺訓「人の一生は重荷を負うて遠き道を行くがごとし~」という碑があります。こじんまりながら興味深いお城ですのでぜひ訪ねてみてください。 また途中で静岡の海の幸を楽しむこともできますよ。

スポンサーリンク

おすすめ③ 京都・大阪

定番の京都・大阪も青春18きっぷで日帰り旅行ができます。京都観光のあとに、大阪へ寄ってご飯を食べて帰るのもいいですよね。難点は京都は観光地がありすぎるので歩き回って疲れて大阪へ行く気力がなくなるかも、という点でしょうか。

それでも京都に安く行けるのは魅力ですよね。お寺巡り、仏像巡りもいいですが夏は暑いので熱中症にご用心。

スポンサーリンク

まとめ

青春18きっぷの魅力は「安く行ける」という事だけではなく、途中下車ができることや鈍行列車で地元の方々の生活を感じながら鈍行列車の旅を楽しめるという事ではないでしょうか。

新幹線や特急列車で行く旅は目的地を楽しむ旅ですが、青春18きっぷの旅はその途中も楽しむ旅という事だと思います。

青春18きっぷだけではなく、私鉄の乗り放題切符やJRの特別切符もあります。サブスク切符を楽しんでみてください。

コメント

  1. […] 私の以前に書いた青春18きっぷを使ったおすすめ旅行先はここです。 […]

  2. […] 青春18きっぷ×名古屋駅発 鈍行列車の旅 おすすめ3選 […]

タイトルとURLをコピーしました