藤が丘駅から無料バスが出ている天然温泉3選

スポンサーリンク
お出かけの部屋

地下鉄藤が丘駅から日帰り温泉・スーパー銭湯の無料バスがでているのは4か所。その中でも天然温泉に入浴できる温泉を3つ紹介します。風呂上がりのビールが堂々と飲めますよ。

スポンサーリンク

猿投温泉金泉閣は本格ラドン温泉

藤が丘から無料バスに揺られて約1時間。紅葉で有名な香嵐渓も抜け、多くの人が訪れる猿投温泉があります。駐車場も大きく、バスではなくマイカーで来る人たちもたくさんいます。

猿投温泉は秋田県にある、がん治療のために多くの人が多く訪れる玉川温泉とおなじく濃度の高いラドン温泉で医者が進める奇跡の温泉として東海3県で唯一選ばれた、飲用許可も得た貴重なお湯です。

湯に入れば皮膚からも吸収され、飲めば体内からも吸収されると効果抜群。

お風呂は建物の5階にあり、展望檜風呂となっています。お風呂もきれいです。またお風呂を出た後は宴会施設、カラオケ、食事処も広くとられていますので無料バスで行けばドライバーはいないので風呂上がりのビールも宴会も楽しむことができます

実際 忘年会の季節は宴会場が大変混雑します。紅葉の時期は香嵐渓が近いことも有り風呂から眺める紅葉も大変美しい景色です。

手軽に行ける本格的ラドン温泉は一度行くと病みつきになります。家族と、友人と、もちろん単身赴任のお父さんも楽しめること間違いなしです。

スポンサーリンク

笹戸温泉温泉 紫翠閣とうふやは愛知県最古の温泉

藤が丘から無料バスに揺られて約1時間。自然豊かな場所に笹戸温泉はあります。自然豊かな、と書きましたが実際八百屋兼スーパーみたいなお店が1軒あるだけで本当に何もない場所にあります。

お風呂はそれほど広くないですが、渓流に面して少し飛び出した形になっているのが特長です。湯船からは四季折々の景色を眺めることができ、自然しかないところですから静かでゆったりとした時間が流れます。

泉質は低張性アルカリ性冷鉱泉なのでぬるめで少しぬめりのあるお湯で、美肌効果もあるので女性にも喜ばれるお湯です。

日帰り温泉の入浴料は1,000円。風呂から出て周囲を散策しても時間が余るかもしれませんので行きと帰りのバスの時間はしっかり確認しておくといいですよ。

ちなみにバスは予約制ですので行かれるときは事前に電話をしていってください。私は電話せずにバス乗り場に行ったら確認で少し待たされました。

紫翠閣とうふやでは名前の通り豆腐も食べられますが、窯焼きピザを前面に出しています。

スポンサーリンク

長久手温泉ござらっせは手軽なスーパー銭湯感覚で

日本最大級の炭酸温泉とうたった、日本で一番平均年齢が若い、長久手市にある地下1,800mから湧き出る天然温泉です。

日本で一番平均年齢が若いのは事実でしょうが、この温泉にやってくる人はスーパー銭湯に比べればやはり年齢は高い人が多いです。

実際ここは温泉旅館ではなく、長久手市が経営するスーパー温泉みたいなものですから設備も上々。1Fと2Fに風呂があり、男性と女性の湯が週単位で1Fかわります。

1Fは地の湯と呼ばれ、大露天風呂や穴風呂もあり、ジェットバスや電気風呂などまさにスーパー銭湯です。2Fのお風呂は天の湯と呼ばれ、同様に露天風呂やジェットバス等々も有りますが洋風の風呂になります。

お風呂は1F2Fが週単位で変わるので同じ日に両方のお風呂を楽しむことはできませんが、岩盤浴はいつでも楽しむことができます。そして食事処も充実。マッサージも漫画コーナーも有ります。

スーパー銭湯によっては岩盤浴コーナーにしか漫画を置いていないことがありますがここは入浴のみでも漫画コーナー立ち入りOK。

料金も風呂は720円、岩盤浴は410円とちょっぴりお安いです。長久手市民なら両方で820円と相当お値打ちです。

施設の横にはあぐりん村という地産地消をめざした農業施設もあり、農産物やパンの直売も行っています。

スポンサーリンク

まとめ

紹介した藤が丘駅から無料バスが出ている天然温泉施設は以上3施設ですが、鄙びた温泉雰囲気を味わうならば笹戸温泉へ、温泉旅館の雰囲気を味わうなら猿投温泉、天然温泉ながら手軽にスーパー銭湯気分で行くなら長久手温泉へ。

家族と、友人と、お一人でも楽しめる施設ですのでぜひ3施設とも行ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました