岩手で食べたい3大麺グルメ。おすすめの絶景と氷上ワカサギ釣りも楽しかった

スポンサーリンク
お出かけの部屋

東北単身赴任時に経験した岩手のグルメ、体験、観光おすすめ場所の数々。岩手と言えば中尊寺や小岩井牧場をはじめとして様々な有名な観光地があります。印象に残る3つのおすすめをお伝えします。

スポンサーリンク

岩手のグルメは3大麺

名古屋の3大麺と言えば「きしめん」「味噌煮込みうどん」「あんかけスパ」だと思っているのですが、岩手の3大麺と言えば「わんこそば」「盛岡冷麺」「盛岡じゃじゃ麺」です。

わんこそば

全国的に超有名ですが味がおいしいというより、何杯食べられるのか・そばを食べている横で一口大のそばを次々にお客の椀に入れ続け、それを客が満腹になって蓋をしめるまで続けるというスタイルが有名です。

味を堪能するというタイプのグルメではないので楽しむイベント、ゲームみたい蕎麦だと思っています。

盛岡冷麺

焼肉屋で提供されることが多いほんとにコシが強い麺です。デンプンと小麦粉を合わせをしっかり練って作られます。

私的には麺よりもスープがあっさりとしながらも旨味があって好きでした。辛味も聞かれますがやはりお店で注文するときは「別辛で!」と頼むのが通。要は辛味(キムチ)は自分でアレンジしてつけるので別の小皿に持ってきてくれ、という頼み方。

合理的ですがお店的には洗い物が増えるので面倒かもしれません。

盛岡じゃじゃ麺

盛岡冷麺はあれだけ固いのに、盛岡じゃじゃ麺はどうしてこんなに柔らかいの?という、給食で出たみたいなうどん。麺に肉味噌やキュウリ、ねぎをかけてショウガやニンニクや酢を混ぜて食べます。

冷麺の別辛ではないですがこの味付アレンジの仕方も食べる人ごとにこだわりをもっているようで自分の食べ方はこれ、と混ぜている人が多くいます。不思議な感じです。

もう一つ不思議な光景はチータンタンというスープ。食べ終わったどんぶりに卵を割り入れて、そこに麺のゆで汁をお店の人がひしゃくで入れてくれる。それを麺を食べ終わったあとに飲む。

正直言って美味しいとは思わないのだけれど盛岡の人曰く「最初はうまくないと思うけれど3回食べるとその味に病みつきになる」とのこと。本当かいな?でもお店には確かに行列ができていました。

スポンサーリンク

わかさぎ氷上釣り体験

岩手県の冬は本当に寒いです。そんな岩手県盛岡市から1時間程度で行ける人造湖 岩洞湖。この岩洞湖は冬に完全に凍って上を人会歩けるくらいの氷が張るので氷上ワカサギ釣りが有名です。

シーズンとなる1月~3月になると氷上に色とりどりのテントを張って氷に穴をあけてワカサギ釣りをしている人たちがたくさんいます。

テントで釣りをしている人たちは慣れている人ですので私のような初心者は氷上にすでに作られた簡易ハウスで竿もエサも借りて釣ります。この簡易ハウス 暖房もきいているので快適です。

あとは釣れればいいだけですがワカサギは広い湖を回遊していますので群れに合えば何百匹と釣れますが外れると全然釣れない。釣れないときは気分転換で氷上で遊ぶしかないですね。あまりに釣れないので貸し切り簡易ハウス内で宴会となり酔っぱらって靴を湖に落としてしまったこともありました…

氷上釣りが経験できるところは多くないので楽しい思い出です。

スポンサーリンク

景色のきれいな浄土ヶ浜

東日本大震災で大きな被害を受けた宮古の浄土ヶ浜は、きれいな景色。三陸は複雑な海岸線であるリアス式海岸なので微妙な変化がとにかく美しいです。

この穏やかな海があれほどの牙をむいたことは信じがたいですが、その風景は南の島のきれいな海とは違うながらも本当に美しい、素晴らしい眺めです。ぼーっと海を見つめている自分に気づかされました。

スポンサーリンク

まとめ

岩手県は本州で一番面積の広い県で四国と同じ広さと表現されます。実際は四国より小さいのですがそれだけ大きいので様々な観光地、文化、歴史、グルメがあります。

じっくりと観光してみたいものです。民話の里 遠野にも行ってみたいなぁ、と思うこの頃です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました