犬の散歩だけでメタボは解消する?その意外な効果とストレッチも必要だね

スポンサーリンク
暮らしの知恵袋

30年以上勤めた会社を55歳で早期退職した。今まで健康診断でメタボ診断を受けても、血液検査で少しだけ値が悪くても放置していましたが前職の退職とともに自分の身は自分で守らねば、と思い直しました。

環境の変化はわかっていながら放置していた悪習慣についても考え直すいいタイミングです。会社の健康診断は悪いところの指摘はしてくれますが治療はしてくれません。改善するのは自分自身の自助努力ですよ、という当たり前のことを否応なしに考えさせられます。

スポンサーリンク

20歳の娘から「そのお腹絶対やばいよ!」 

そんなことわかってるわい、と言い返してやりたくなったけれどそれでも女房から追い打ちが。道具でも使ったらってさ。それならやってやるよと器具購入。

あちこちのレビュー読んでいると簡単に言うと以下の2点に集約されますね。

  • こんなもので痩せられれば楽。絶対無理!(結構多い)
  • 1か月やったらこんなにおなかが引っ込みました!でも他の運動と組み合わせてます(多い)

そして2か月使ってみた私の感想は 「これだけではお腹は引っ込まない」 ということ。ま、わかってたんだけどさ。

スポンサーリンク

犬の散歩で1日の歩数を2,000歩増やす

健康器具だけじゃなくて組み合わせが必要だ!と、メタボ検診で特定保健指導を受ける栄養士からのアドバイスで次の2つのアクテビティを追加投入。

要は1つの運動(健康器具だって電気でお腹がピクピクするから運動だと言い切る)だけでは筋肉も慣れが生じるので他の運動も組み合わせろ、という事。

まずは1日の歩数を1万歩にしなさい、とのフツーのお達し。通勤で約8,000歩は歩いていたのであと2,000歩増やすには何をすればいいかと考えたときに手っ取り早く思い立ったのが「朝 愛犬の散歩に行けばいいじゃない」ということ。それまで散歩は1回/日で女房が夕方連れて行っていました。

そしてその時間帯を次の通り決めました。

起床は5時。そして毎朝5時20分から6時まで散歩する

単純にこれだけですが意外な結果が。

  • 毎朝5時に起きるのには夜は23時には寝る。なのでダラダラする時間は早じまいする
  • 女房がパートから帰って「あぁ犬の散歩いかなきゃ」という義務感から解放され、「朝パパが行ってくれたから、疲れた今日はパスしちゃおう」とか心の余裕が女房に生まれて感謝される
  • 朝の散歩は人も少ないのでラジコで英会話番組を聞きながら歩いて声出しても恥ずかしくない
  • ワンちゃん ぴょんぴょん跳ねて喜ぶ
  • 本人は足腰も強くなって痩せる

と、いいことづくめ。この早朝散歩 サボろうとすると愛犬は寝ている私の顔を舐めに来るので強制的に起こされます。やめることは許されません。

スポンサーリンク

3つのストレッチは犬の散歩の後にルーティン化

有名(らしい)プランクですが、プランクチャレンジなるiphoneアプリを入れて犬の散歩の後にルーティン化。犬の散歩やめるとこのストレッチもサボるんだろうけれど、今は一連の流れとしているので続いてます。

ちなみにこのプランクチャレンジ初日は20秒から始まり30日後には5分間となっていますが5分なんて、57歳の運動しないオヤジには絶対無理!
でも最初は1分やるのにゼイゼイしてたけど今は3分なら連続で出来る様になりました。体幹鍛えたらゴルフ曲がらなくなるかな・・

スポンサーリンク

今回のまとめ

運動は何をしても3日坊主な私が、犬の早朝散歩というワークを取り入れたことでルーティン化したストレッチも継続しています。前述の通りサボろうとすると愛犬が顔舐め攻撃してくるのでサボれません。

早起きして、早朝運動とってもおすすめです。メタボな私のお腹も、少しづつスッキリしてきたことを実感しています。皆さんもぜひお試しあれ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました